初心者 株取引


株の取引などと言うと、その言葉だけで
初心者や知らない人などは緊張してしまうかも知れません。

何も知らない初心者が深く考えもしないで
銘柄を選んで成功できるほど、甘い物ではないことは分かります。


そこで株の取引の関する基本的なことを幾つかあげてみましょう。


まず、一つめは、
株の取引は小資金で始めることができると言うことです。


もし、あなたが投資目的で不動産を買った場合には、
最低でも500万や1000万は資金が必要になるでしょう。


しかも、仮にこの金額で用意できたとしても、
買える物件はたった一つ。


それだけの物件を用意していても、万一、その物件が
お金に換わらないとすると、恐ろしいことになるでしょう。


それに対して株式投資では、
100万円からでも複数の銘柄を選べます。


たとえば20万ずつ、5銘柄買うこともできるのです。


こうしてリスクを分散することで、損害が出た場合にも
小さくすることができます。


また、投資信託などなら毎月1万〜2万程度の金額でも
投資できるのです。


また、株式投資ならインフレ対策として貯金をするより有効です。

貯金はインフレの影響を受けてしまいますが、
株価の場合はまたインフレの影響で株価も変動するので
損をする可能性が小さくなるでしょう。


もちろん、投資としての側面を持っている株なので、それを
貯蓄としてとらえることはできません。


あくまで自分の持っている株をチェックし、運用することが
求められるのです。


渋谷高雄大百科 〜 株式投資のバイブル

 

サイトマップ

How to エステ